油処理

油漏れについて、

油漏れの緊急対応とは

  1. 油漏洩の被害の拡大の防止および処理

    第一に漏洩の原因箇所の対応をする。そして、油の回収が大前提です。

    1. 水路や河川等へ流出した場合
      1. オイルフェンスをはり、油の流れを止める。
      2. 油吸着マット等で回収する。古布や布団や吸うものであればなんでもいい。
    2. 路面や土等へ流出した場合
      1. 油吸着マットや油吸着材等で回収する。油吸着材がその場になければ古布や布団や吸うものを使用し回収をする。
      2. 場合によっては、油で汚れた土壌を取り除きます。
  2. 最寄りの機関(警察、消防 等)への連絡
    1. 発生、発見の日時・場所 (住所、事業所名、流出した河川名 等)
    2. 事故の内容(原因、油の種類 等)
    3. 規模(漏洩量 等)
    4. 被害状況と影響範囲

油漏洩事故は、初動が一番大事です。初動が遅くなれば、火事と一緒で。油漏洩も最初にきちんと対応することにより、処理も小さく出来ます。

油処理資材に関する規制や決まり事や法は、国土交通省海上保安庁が定める型式承認があります。これは、海で使用するものの規定であり、国際法との関係で定められています。

海以外で使用する場合は一切法規制等はありません。

型式承認には、吸着材やオイルフェンスや油処理剤等々多数の資材が規制されています。

※海に漏れた油に対しては、国土交通省の型式承認を得たものでないと使用出来ません。

環境にやさしい油処理資材で土壌・地水の環境汚染を守ります。

事案別用途別対応

油は回収が第一であり、手元に吸着材が無ければ、布団や毛布やタオル等でも構わないので少しでも回収することが大切です。

油漏れ状況とおすすめ資材
油漏れ状況 おすすめ資材 使用方法
オイルメディ オイル
ゲーター
セルソーブ
セルフェンス
オイルメディ
マット
工場構内等
ツルツルした床
オイルゲーターで回収
オイルメディで洗浄
アスファルト オイルゲーターで回収
オイルメディで洗浄
土・砂利 オイルゲーターを撹拌
オイルメディを散布
油水分離槽
側溝
セルソーブで回収
油膜はオイルメディで処理
河川 セルフェンスでせき止めて、セルソーブで回収。
油膜はオイルメディを散布

※スマートフォンでは横にスクロールしてご覧ください

粉状の油吸着分解剤「オイルゲーター」

OIL GATOR

一般的な油吸着マットで出来ないこと

油を扱っているところであれば、漏洩対策として、油吸着マットはだいたい備蓄している。

が、水の上や路面等でも油回収材として効力を発揮するが、アスファルトや砂利や土等に漏洩した場合、吸着マットでは対応しきれない。

そこで、頼りになるのがオイルゲーターとオイルメディです。

オイルゲーターは、粉末であるため、アスファルトの隙間にも入っていくので、対応出来る。また、砂利や土にこぼれた場合、オイルゲーターを散布し撹拌すれば、吸着後再溶出しないので、油の拡がりも抑え、バクテリアの力で油を分解することが可能であり、撹拌したままでOK。

さらに、処理の仕上げとしてオイルメディを散布することに、より安全に処理が可能です。

路面、アスファルト等へ漏洩した場合

通常、吸着マットを備蓄している企業様が多い。もちろん吸着マットでもいいが、吸着マットだとアスファルトのボコボコしている所や砂利や土等にこぼしてしまった場合等、どうにも対処出来ない。

おすすめは、オイルゲーターである。粉上の植物繊維がアスファルトの ボコボコの溝の油を吸着できますし、回収出来なくても、再溶出しないので、二次災害につながりません。

また、砂利や土の場合、油はどんどん地中に染み込み拡がりますので、オイルゲーターを撹拌すれば、砂利に付着した油や土に染み込んだ油をオイルゲーターに吸い取り、再溶出せずに、分解まで行うことが出来ます。

オイルゲーターは、吸着し植物繊維の中に閉じ込め、再溶出せず、分解までします。

土や砂利にこぼれた油は、回収しづらい。

国土交通省NETIS登録商品で、建設業者が使用する加点ポイント。

オイルゲーターの商品情報はこちら

浮上油用油吸着材「セルソーブ」

吸着マットで回収が一般的であるが、吸着マットは、ポリプロピレン製のものがほとんどで、ポリプロピレンの性質上、油の吸着能力は自重の10倍程度で、水を吸ってしまうものも多い。

そんな時におすすめは、浮上油用油吸着材セルソーブです。セルソーブは、古紙のリサイクル品で、他の油吸着材がポリプロピレン製に対して、環境にやさしい素材で出来ている。自重の15~18倍吸着。ポリプロピレン製は10倍。

さらに、水面の油のギラギラの油膜に有効なのが、オイルメディです。オイルメディは、水系油処理剤で、石油系アルコール系の溶剤は入ってない。ギラギラした油膜は、散布後瞬時に見えなくなる。現場での、ほんの少しの油漏れには最適。

セルソーブの商品情報はこちら

環境に配慮した水系の油処理剤「オイルメディ」

従来は、陸地河川でも中和剤が使用するのが当たり前と思われていたが、陸地や河川で乳化白濁することが、あまり良くなく、次に使用されるようになったのが、ママレモンのような食器洗い専用の合成洗剤が一般的となった。しかしながら、合成洗剤も元をたどれば石油系製品でもあり、界面活性剤も40%程度入っており泡立ちもあり、油漏洩に使用するのは、問題とされていている。

オイルメディは、環境に配慮した水系の油処理剤で、泡立ちもなく、乳化白濁せずに処理できるのが最大の特徴である。

従来の油処理剤(乳化タイプの中和剤)との比較をした『オイルメディ』の特長
比較項目 油処理剤(乳化タイプ中和剤) オイルメディ
使用方法 原液もしくは希釈して使用 希釈して使用
界面活性剤 20%~70%使用 約4%
使用中、使用後にヌルつきが少ない
成分 界面活性剤
アルコール系、石油系の溶剤
(第4種第3石油類、第3危険物)
界面活性剤

(アルコール系、石油系の溶剤を一切使用していない完全水系の油処理剤。特殊栄養剤入りなので微生物を増殖させ分解を早め、油の臭いも抑制)
発泡性 大きい 少ない
水素イオン
濃度
一般にアルカリ性 中性
中和の状況 乳化(白濁現象)する 分解、分散する
舗装への状況 商品によってはアスファルトを溶かす 水系なので舗装に優しい
河川への状況 処理剤自体が油なので使用時は気を付ける必要がある オイルメディは水系なので河川に優しい
使用温度 常温 常温
備蓄 石油製製品のため消防法上での一定量以上の備蓄は不可 水系なので制限なし
油の処理量 油1に対し処理剤1 油1に対しオイルメディ(原液)1/2~1/3

『オイルメディ』の特長は乳化タイプの油処理剤とは違い、油を処理したものが白濁しない点です。
『オイルメディ』自体が石油系・アルコール系の溶剤を一切使用していないため、原液自体も粘性は低く、ヌルつきが少ない。液性も中性のため、対生物毒性も極小の事も特長のひとつです。

オイルメディの使用例(1)水上・河川・池などの油処理例

水面に油紋が滞留したいます。

10倍に希釈して直接散布します。

油紋は瞬時に消滅します。

オイルメディの使用例(2)路面などの油処理例

こぼした油

10倍に希釈した「オイルメディ」を散布。

ブラシでよく掃除する。

油の分解が出来ると、泡立ちがなくなりヌルヌルしなくなる。

残った「オイルメディ」で分散する。

油処理、終了

物販だけでなく、油流出事故の現場処理作業まで対応します。

オイルメディの商品情報はこちら

汚染処理の対応

一般的に土壌中に国定められた基準値を超える有害物質があると土壌汚染箇所となる。以前から多いのが、ガソリンスタンド跡地や油槽所や工場の跡地にベンゼンやキシレンやトルエン等の有害物質がある場合がある。油分濃度の規制は無い。2012年施行の消防法の改正で、埋設タンクの規制があり、40年以上続けているガソリンスタンド等埋設タンクを所有している業者は、埋設タンクの老朽化による漏洩等の問題が顕著になり、跡地の問題がクローズアップされた。この頃、ガソリンスタンドの数はピークの半分程度に激減した。

次に土壌汚染で表に出始めたのが、電気メーカーの工場の敷地内である。電気メーカーは、最終工程で機器に付着した油を脱脂剤で油を落とす工程があり、処理したものは敷地内に流していた。この脱脂剤はトリクロロエチレンというもので、脱脂剤としての効果はかなり高く、どこの工場でも使用されていた。

ところが、1990年頃に、このトリクロロエチレンが国指定の有害物質に認定されてからは使用されていないが、各工場の場内地下にかなりの量のトリクロロエチレンがあり、問題となってきている。

有害物質はの浄化方法としては、大きく分けて3つがある。

①掘削除去

掘削除去とは、土の入れ替えで、汚染土を掘り出し新しい土を入れる方法を言います。掘削作業になるので、ほぼ土木工事になります。

掘削作業、搬出作業、処分費用、処分場への運搬費用(マニフェスト締結)、新しい土の手配、埋め戻し作業等々要するため、コストはかなりかかるが、即効性はあるのがメリット。土地の売買が迫っているとか、すぐに汚染の対応をしなければならない時には有効な手段。

②原位置浄化

原位置で汚染土の場所を動かすことなく、処理する方法。代表的な原位置浄化方法は以下の通り。

・フェントン工法

フェントン試薬(過酸化水素と鉄イオン)を汚染土に注入し、フェントン反応によって生成したヒドロキシルラジカルの酸化力により、分解する浄化処理法です。化学反応を利用した方法で高熱になりあたり一面が蒸気に覆われることもある。また、化学反応後何が生成されるも不明であり、比較的即効性はあるが、安全面に問題があると言われている。

・バイオレメディエーション

鉱物油を分解するのに長けた微生物を汚染土に注入することを繰り返し行うことで、汚染物質を分解する技術である。微生物が処理するため、時間はかかるが安全に低コストで処理が可能。

③オイルゲーターによる油(灯油+A重油)分解実験

(油濃度)
  油汚染土壌 オイルゲーター
添加土壌
0日 20800 22600
30日 18000 14700
60日 15000 12300
90日 15500 10200
150日 14300 1100

④封じ込め

言葉の通り、浄化はしないが、敷地から敷地外に有害物質を出さないという対応。敷地境界線に鋼矢板を地中深く打ち込み、地下水の流れを遮断するもの。根本的な浄化ではないが、認められている。

当社の対応は、原位置浄化のバイオレメディエーション工法である。油吸着分解剤オイルゲーターを撹拌可能な状況であれば撹拌し、鉱物油分解菌を注入管を埋め込み地下水に注入することにより、浄化をしていく工法であり、安全かつ確実に対応していきます。

土壌汚染や油漏洩対応では、ボーリングによる分析から浄化まで一貫してワンストップで実施するノウハウを持ってます。

バイオによる油汚染土壌処理方法①

掘削が出来る場合

油吸着分解剤「オイルゲーター」+液体バイオ「HC」

汚染した土壌を、油吸着分解剤オイルゲーターと鉱物油分分解用バイオ製剤、栄養剤、水を添加し、重機等で酵素を取り込みながら撹拌し、微生物の働きにより油分を水や二酸化炭素などの無害な物質へと分解し浄化を行う工法です。
地球温暖化等の観点からみても環境に非常に優しい技術であると言えます。

①地上でのバイオ製剤撹拌工法

汚染土壌を堀削し、地上でバイオ製剤を撹拌し浄化を行う工法です。

②原位置でのバイオ製剤撹拌工法

原位置(定置型)でバイオ製剤を撹拌し、浄化を行う工法です。

バイオによる油汚染土壌処理方法②

掘削が出来ない場合・地下水も汚染されている場合

液体バイオ「HC」の注入、バイオリアクター処理

「HC」バイオや栄養剤・エアーを注入方式又はバイオリアクター方式で汚染物質を分解する。

注入管

バイオ注入

循環システム

お気軽にお問い合わせください。

御社名(必須)
ご担当者名(必須)
ご担当者名フリガナ(必須)
郵便番号(必須)

半角数字で入力してください。ハイフンは不要です。
郵便番号を入力すると住所が自動入力されます。

都道府県(必須)
ご住所(必須)
お電話番号

半角数字で入力してください。ハイフンは不要です。

メールアドレス(必須)
お問い合わせ内容(必須)